ロルフィングは治療でない

 

falling appleロルフィングは治療ではありません。だからロルファーは治療家ではなく、セラピストでも先生でもありません。

『治療ではない』ということは、『治療ができない』ということではありません。もし治療という言葉をつかうとすれば、治療の向こう側、さらなるその先にあるものを目指している、といえるでしょうか。

もしロルフィングにセラピストがいるとすれば、それは、重力です。そして、あなたがその一番のアシスタントです。”Gravity is a Therapist“とあり、とてもすてきな言葉です。

あなたの身体がバランスを取っていくのも、実は重力とあなた自身の力によるものです。ロルファーはあなた自身のカラダがバランスを取っていこうとする方向に対して、ちょっとお手伝いをする、それだけの役割です。

ですから、あなたの参加が一番で、マッサージベッドに横になって「何とかして」という気持ちだけでは変化もあまりおきません。(それでも変化は、おきますが)

ぜひ、重力を仲間に入れて気持ちいいからだを手に入れましょう。


 

<< ロルフィングとこころ   ・・・   ロルフィングの歴史 >>